大阪市大外科新専門医プログラムの特色


3年間で外科専門医を取得することをめざすためのプログラム

 各部門の経験症例数をと必要執刀経験(120例/3年)を確保

 1年目大学病院ですべての専門分野を2ヶ月毎にローテーションする。

 消化器、心臓・血管、呼吸器、乳腺・内分泌、小児の経験数を充足させる。

   *希望により外傷外科(救急)も選択可能

 2年目関連病院でcommon surgery経験を増やす。

  専門医に必要な執刀経験を増やすことが目的

   *1年目より2年目で関連病院で研修した方が執刀経験のチャンスが多い

 3年目関連病院で各自の希望専門分野を重視した研修を行う。

*初期2年で専門医に必要な経験・執刀数をほぼ充足できた場合。

詳細は右をクリック → 専門医制度説明用PDF

各専門分野への入局は随時可能。

大学院進学は専門医取得後とする。