各診療グループ

諸冨 嘉樹
講師
諸冨 嘉樹
Yoshiki Morotomi

こどもの身体と心を理解した外科医が「小児外科医」

小児外科はこどもの外科疾患を扱う部門です。内科と外科があるように小児医療にも小児(内)科と小児外科が必要です。小児外科はこども特有の病気を手術で治療する科です。こどものための一般外科で、おとなの外科とは違った診療科です。
小児外科は小児(内)科とともに小児医療の一翼を担っています。心臓、神経、骨を除くほとんどのこどもの外科疾患が治療の対象になります。多い病気は、そけいヘルニア(脱腸、陰嚢水腫、停留精巣、臍ヘルニア(でべそ)、包茎、便秘があります。赤ちゃんから思春期までの手術で治す病気を扱っています。こどもの未熟性・発育・発達そして緊急性を考慮した治療を行っており、より負担の少ない手術法として内視鏡下の手術も行っております。

鼠径ヘルニア(脱腸)

鼠径ヘルニア(脱腸)

以前は鼠径部を約3cmほど切開していましたが、現在は臍から3mmの腹腔鏡と鉗子を挿入してヘルニア門を閉鎖します。整容性にも優れ、対側のヘルニア門の対応もできる利点があります。

臍ヘルニア(でべそ)

臍帯の脱落後に臍輪が閉じていない状態です。いわゆる『でべそ』となります。生後2か月までは圧迫療法を行ない、自然治癒しない場合や『でべそ』が残存する場合は手術を行ないます。
漏斗胸

漏斗胸

陥凹した胸骨のうしろに胸腔鏡で確認しながら金属バーを入れて、胸骨を挙上することで陥凹を矯正します。2-3年後にバーは抜去します。

停留精巣

胎児期の精巣下降が途中で停まった状態です。多くは鼠径管内に精巣が存在しますが、所在が分からないこともあります。1歳までに挙上している精巣を確認して、陰嚢底に固定する必要があります。

便秘

乳幼児便秘の多くは習慣性の便秘で排便訓練で治療しますが、まれにヒルシュスプルング病やその関連疾患群があるため注意が必要です。排便困難が強い場合にはご相談ください。

主な手術症例数主な手術症例数

手術実績
2010年2011年2012年2013年2014年2015年2016年
新生児外科3678834
そけいヘルニア関連57534047323237
小児開胸術5258022
小児開腹術34263430201418
小児肝胆膵手術3154531
小児急性腹症手術97471136
小児泌尿器手術1813209151618
小児がん関連手術111210209127
小児胸腔鏡手術4156014
小児腹腔鏡手術63624553353640
小児外科手術総計1541351431329590100

外来担当医表外来担当医表

医師名 諸冨 嘉樹
諸冨 嘉樹
堀池 正樹
堀池 正樹

現在までの主な研究成果、現在進めている研究現在までの主な研究成果、現在進めている研究

筆頭著者論文名、雑誌名(略)、年
M.Yamamoto乳児生体肝移植腹壁閉鎖後のoutflow block防止にFoleyバルーンカテーテルを使用した1例 日本小児外科学会雑誌(0288-609X)52巻6号 Page1169-1171(2016.10)
Y.Sakae生体肝移植7年後にinterface hepatitisを呈し特発性移植後肝炎と診断した1例 日本小児外科学会雑誌(0288-609X)52巻2号 Page264-269(2016.04)
Y.Morotomi【へそを使う手術の実際】尿膜管遺残症 小児外科(0385-6313)48巻3号 Page318-322(2016.03)
Y.Sakae生体肝移植後の遅発性門脈狭窄に対する門脈ステント留置術の1例 日本小児外科学会雑誌(0288-609X)51巻5号 Page927-931(2015.08)
Y.Morotomi「TULPEC:私の術式」 小児外科47巻6号2015
Y.Morotomi【単孔式内視鏡手術】 鼠径ヘルニア手術(LPEC) 小児外科 46巻3号 277-280,2014
Y.Morotomi【エビデンスに基づく手術の適応とタイミング】待機後の虫垂炎 小児外科46巻8号 823-826,2014
Y.Morotomi【膵・胆管合流異常の診断基準の改訂をめぐって】胆管プロポーション値による病的胆管拡張の診断 胆と膵 35巻10号 947-950,2014
Y.Morotomi【膵・胆管合流異常アップデート】先天性胆道拡張症の肝内胆管形態 小児外科45巻6号 Page647-651(2013.06)
Y.Morotomi【膵・胆管合流異常診療ガイドラインを巡る残された問題点】 膵・胆管合流異常の名称を巡る問題点胆と膵34巻3号 Page221-223(2013.03)
M.YamotoSingle-incision laparoscopic percutaneous extraperitoneal closure for inguinal hernia in children: an initial report. Surg Endosc. 2011 May;25(5):1531-4. doi: 10.1007/s00464-010-1430-2. Epub 2010 Oct 26.

豊富な実績と確かな技術で信頼される病院へ。
最先端治療で患者様に安心していただけるやさしい医療を提供します。

大阪市立大学医学部付属病院第2外科・心臓血管外科 Tel:06-6645-2351
大阪市立大学 医学部 第2外科・心臓血管外科教室 Tel:06-6645-3841(第2外科), 06-6645-3980(心臓血管外科)

大阪市立大学医学部付属病院
〒545-8585 大阪市阿倍野区旭町1-4-3
  • お問い合わせ
Copyright (C) 2015 大阪市立大学医学部 第2外科・心臓血管外科 all rights reserved.