各診療グループ

西山 典利
病院教授
西山 典利
Noritoshi Nishiyama

大学病院の利点を最大限にいかして

日本人の癌死の第1位である原発性肺癌は増加の一途をたどっています。これに伴い肺癌の手術症例数も増加し、全国集計で年間30,000症例を越えています。
当科では「安全」と「根治性」を追求した手術を行っています。術後合併症は極めて低く、術後5年生存率は全国の有名施設とも肩を並べます。
当科の得意のひとつとするところは多領域にまたがる拡大手術です。同一教室で心臓血管外科・食道外科・肝胆膵外科・小児外科があり、密に連携して手術を行っています。

肺癌の77%は胸腔鏡下手術

肺癌の77%は胸腔鏡下手術

当科では約6~8cmの腋窩小切開(1-window)+2つの1.5cm創(2-ports)にて肺葉切除および縦隔リンパ節郭清(2群)術を施行しております。手術時間の短縮および合併症の軽減に努めており、所要時間は2から3時間、出血量は20ml以下がほとんどです。輸血に関しては、術前からの貧血や全身状態の不良な方を除いて、ほぼ投与することはありません。入院期間は術前2~3日、術後7~10日間です。退院後は5年以上の経過観察を行っています。
安全な多領域手術

安全な多領域手術

左心房浸潤肺癌に対する左心房合併切除、肝浸潤肺癌に対する肝合併切除、食道癌・右肺癌同時手術などの多領域の拡大合併手術をしてきました。他院では手術不能症例と診断されるような症例でも、各スペシャリスト医師が役割分担をしつつ、安全に手術を遂行しております。また、近年では他科と連携し椎体浸潤肺癌に対する椎体合併切除(整形外科)、甲状腺癌縦隔浸潤(乳腺・甲状腺外科)、脊髄ダンベル腫瘍(脳神経外科)などの手術を行い良好な結果を得ています。
炭酸ガス送気併用胸腔鏡下縦隔腫瘍手術

炭酸ガス送気併用胸腔鏡下縦隔腫瘍手術

前縦隔腫瘍に対し炭酸ガス送気を用い、7~8 mmHgの陽圧気胸下での完全胸腔鏡手術を開始しました。これにより胸腔鏡下手術の完遂率が向上しています。陽圧気胸下では微少な出血が抑えられ、剥離部に”エアレーション”が起こるため非常に良好な視野が得られます。手術時間は通常の胸腔鏡下手術よりも短縮し、良好な条件下では1から1.5時間で手術が終わります。

主な手術症例数主な手術症例数

手術実績
2012年2013年2014年2015年2016年
原発性肺癌11098120127153
転移性肺癌2853383437
縦隔腫瘍1419283032
嚢胞性肺疾患191116715
その他3447293839
全身麻酔下総手術件数205228231235276

外来担当医表外来担当医表

医師名 泉 信博
泉 信博
西山 典利
西山 典利
月岡 卓馬
月岡 卓馬
西山 典利
西山 典利
泉 信博
泉 信博

現在までの主な研究成果、現在進めている研究現在までの主な研究成果、現在進めている研究

筆頭著者論文名、雑誌名(略)、年
S.MizuguchiArterial blood gases predict long-term prognosis in stage I non-small cell lung cancer patients. BMC Surgery 2016
K.NaganoClinical Significance of Perioperative Blood Coagulation Factor XIII in Pulmonary Resections. Osaka City Medical Journal 2016
S.OkadaPrognostic value of the frequency of vascular invasion in stage I non-small cell lung cancer. General Thoracic and Cardiovascular Surgery 2016
H.KomatsuTwo resected cases of pulmonary Myobacterium xenopi infection. Journal of Japanese Association for Chest Surgery. 2015
H.InoueClinical value of exogenous factor XIII for prolonged air leak following pulmonary lobectomy: a case control study. BMC Surgery. 2014
H.KomatsuPulmonary sequestration presenting elevated CA19-9 and CA125 with ovarian cysts. Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery. 2014
S.HanadaClinicopathological Significance of Combined Analysis of Cytokeratin19 Expression and Preoperative Serum CYFRA21-1 Levels in Human Lung Squamous Cell Carcinoma. Osaka City Medical Jornal. 2013
H.KomatsuComplex-2(CPLX2)as a potential prognostic biomarker in human lung high grade neuroendocrine tumors. Cancer Biomarkers. 2013
S.HanadaMyristoylated alanine-rich C-kinase substrate as a prognostic biomarker in human primary lung squamous cell carcinoma. Cancer Biomarkers. 2013
T.IwataPreoperative serum value of sialyl Lewis X predicts pathological nodal extension and survival in patients with surgically treated small cell lung cancer. J Surg Oncol. 2012
T.IwataRole of pulmonary resection in the diagnosis and treatment of limited-stage small cell lung cancer: revision of clinical diagnosis based on findings of resected specimen and its influence on survival. Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2012
K.Chung AGR2 as a potential biomarker of human lung adenocarcinoma. Osaka City Med J. 2012

豊富な実績と確かな技術で信頼される病院へ。
最先端治療で患者様に安心していただけるやさしい医療を提供します。

大阪市立大学医学部付属病院第2外科・心臓血管外科 Tel:06-6645-2351
大阪市立大学 医学部 第2外科・心臓血管外科教室 Tel:06-6645-3841(第2外科), 06-6645-3980(心臓血管外科)

大阪市立大学医学部付属病院
〒545-8585 大阪市阿倍野区旭町1-4-3
  • お問い合わせ
Copyright (C) 2015 大阪市立大学医学部 第2外科・心臓血管外科 all rights reserved.